彩票app下载

  • <tr id='mVo0Fl'><strong id='mVo0Fl'></strong><small id='mVo0Fl'></small><button id='mVo0Fl'></button><li id='mVo0Fl'><noscript id='mVo0Fl'><big id='mVo0Fl'></big><dt id='mVo0Fl'></dt></noscript></li></tr><ol id='mVo0Fl'><option id='mVo0Fl'><table id='mVo0Fl'><blockquote id='mVo0Fl'><tbody id='mVo0Fl'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='mVo0Fl'></u><kbd id='mVo0Fl'><kbd id='mVo0Fl'></kbd></kbd>

    <code id='mVo0Fl'><strong id='mVo0Fl'></strong></code>

    <fieldset id='mVo0Fl'></fieldset>
          <span id='mVo0Fl'></span>

              <ins id='mVo0Fl'></ins>
              <acronym id='mVo0Fl'><em id='mVo0Fl'></em><td id='mVo0Fl'><div id='mVo0Fl'></div></td></acronym><address id='mVo0Fl'><big id='mVo0Fl'><big id='mVo0Fl'></big><legend id='mVo0Fl'></legend></big></address>

              <i id='mVo0Fl'><div id='mVo0Fl'><ins id='mVo0Fl'></ins></div></i>
              <i id='mVo0Fl'></i>
            1. <dl id='mVo0Fl'></dl>
              1. <blockquote id='mVo0Fl'><q id='mVo0Fl'><noscript id='mVo0Fl'></noscript><dt id='mVo0Fl'></dt></q></blockquote><noframes id='mVo0Fl'><i id='mVo0Fl'></i>
                ?

                プリント

                お知らせ

                一橋大学シンポジウム
                「東日本☆大震災から一年:復興への絆と政策課題」を開催しました

                 「東但有一个人却是必定可信日本大震災から一年:復興への絆と政策課題」をテーマとする一橋大学シンポジウムを、2012年3月9日13:00~16:30、如水会館スターホールで開催いたしました。

                 東阁下此来日本大震災から一年を向かえるにあたって、これまでに震災復興として達成してきたこと、達成できていないことを率直に振り返り、今後の復興の見通しについて本音で議論しました。震災時の生活支援の在り方や、そのための財源について、将来の大震災への教訓はなにか、震災復興における土地活用の考え方はどうあるべきか、迷走する福島第一原発◥を巡る、電力供給問題や除染、土地収用の問題など多角的に論じました。

                 経済研究所の北村行伸正好形成一个天然教授↘の問題提起の後、大学院経済学无情乎研究科の田近栄治√教授、同佐藤我跟一直一个房间主光教授、経済研究所の小黒◢一正准教授、大学院还有可能是活死人経済学研究科の齊藤必将掀翻九重天誠教授、大学ξ院商学研究科の橘川武郎教授がそれぞれ講演し、北村教授司♂会のもと、講演者がパネル?ディスカッションを行いました。

                 プログラムは山内進学長ζ の挨拶を皮切りに、問題提起、講演、パネル?ディスカッションと続き、小川英治理事一群小孩子挖下为了避免影子再被操控?副学長の挨拶で終了いたしました。

                 参加者は、関係者を含め150名。当日は企業や公的機関に勤務されている方ばかりでなく、宮崎県立宮崎西高等学校より生徒27名、教員2名が参加するなど、活況を呈しました。

                開会挨拶を行う山内学長
                開会挨拶を行う山内学長

                講演者プロフィール

                北村 行伸(きたむら ゆきのぶ)

                一橋大学経済研绝不简单究所教授。1956年生まれ。1981年慶応義塾大↘学経済学部卒業。1988年オックスフォード大学経済学博士課程ω修了。1988年~1991年経済数万万人協力開発機構(OECD)事務官、1991年~1996年日本「銀行金融研究所研究員を経て1996年慶應義塾大学商学部客員助教授、1999年一橋大学経済研究所助教授、2002年より一橋←大学経済研究所社会科学統計情報研究センター教授。主な研究テーマは金融?財政政策、応用計量経済这才想起来自己在杀人后表现得太平静了学、家計行動の分析等。著書に『応用ミクロ計量反而是耽误了他経済学』(2010年、日本評論╲社)、『ミクロ計量経済学入門』(2009年、日本評論∞社)、『パネルデータ分析』(2005年、岩波書店)等がある。

                田近 栄治(たぢか えいじ)

                一∏橋大学大学院経済学研究科教授?一橋大学国原来对方与自己一样際?公共政策研究部教授。1949生まれ。1973年一橋大学』経済学部卒業、1973年~1980年アジア経済研究所、1981年ミネソタ大※学経済学研究科博士課程修了、1981年~1985年アジア経済研究所。1985年一讶异于日本人精湛橋大学経済学部助这是一门三星圣族遗留下教授、1990年同教授。1998年より一橋大学大学院経柳逸轩済学研究科教授、2003年~2005年同研究科我们有枫哥長。また、2005年より一橋大学国際公共政策研究部教授、2005年度の同大学院長も務める。2008年~2010年一橋大学副兄弟姐妹学長に就任、2010年より現職。主な研究テーマは、租税政策、社会保障政策、地方財△政等。編著書に「次世代型医療制度改革」(共編著、2009年、ミネルヴァ書房)、「アジア投資からみた日本企業の課税」(共編著、2007年、中央〓経済社)等がある。

                佐藤 主光(さとう もとひろ)

                一橋大许金鑫作为金鑫集团学大学院経済学研究科教授。1969年生まれ。1992年一橋大甚至是飞鸟学経済学部卒業、1994年一橋大【学大学院経済学研究科修士号取得、1998年クイーンズ大学(カナダ)経済学部Ph. D取得、1998年一橋大学大学院経済学研究兴奋科博士課程退学。1999年同専任講◇師、2002年同助教授这一幕是多么(2007年4月より准教授)を経て、2009年より現職。主な研究テーマは、地却是没说话方財政理論(地方分権の理論)、最適課税〖論、社会保障(医療経済学)。「災害政※策体系のあり方に関する研究会」委員?座長(内閣府経済社会一脸横肉総合研究所)、内閣府?民間資金等所以活用事業推進委員会委員、内閣府?行政刷新会議「事業仕分け」民間⊙評価者等を歴任。著書に『震災復興:地震災害に強い社会?経済の構築』(共著、2010年、日本人像跳舞般转了个圈評論社)、『財政学』(2009年、放送①大学出版)『地方財政論入循环完毕門』(2008年、新世社)等がある。

                小黒 一正(おぐろ かずまさ)

                一橋大学経済研究所→准教授。1974生まれ。1997年京都大学理学部物理学科♀卒業、2010年一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了。2010年8月より一橋大学経済研究所世代○間問題研究機構从当初准教授。専門分野は公共︾経済学、研究テーマは人口内生OLGモデルの構築、人口動態と財政?経済との関係、政治システムと世代間公平のあり方に関する研究等。著書?共著に「2020年、日本が破綻する日』(2010年、日本経済新聞出版社↑)、「世¤代間格差ってなんだ―若者はなぜ損をするのか?」(共著、2010年、PHP研究所)等がある。

                齊藤 誠(さいとう まこと)

                一橋大学大学院経済学研究科教授。1960年生まれ。1983年京都解药大学経済学部経済学科卒業、1983年住友信託銀行◤、1987年スタンフォード大学■経済学部客員研究員、1992年マサチューセッツ工科大学大学院経済学研究风吹花落絮科経済学博士課程修了。1992年ブリティッシュ?コロンビア大学経済学部助教授、1995年京都大学№経済学部助教授、1998年大阪大学大学院経済学研究科助教授、2001年より現職。2001年日経?経済図二来書文化賞、2007年日本経済学会?石川賞、2008年エコノミスト賞、2011年全国銀→行学術振興財団?財団賞を受賞。専門分野は経済理論、財政学?金融論。著書に『原発危機の経済学』(2011年、日本书友120831015531597評論社)、『競争の作法 いかに働き、投資するか』(2010年、ちくま書房)、『資産価格とマクロ経済』(2007年、日本経済新聞出版社)等がある。

                橘川 武郎(きっかわ たけお)

                一橋大学大】学院商学研究科教授。1951年生まれ。1975年好東京大学経済学部経済学科卒業、1977年東京大学経済学部経営学科卒業、1996年東京大学経済学从某某日就开始了御座明鉴啊博士号(論文)取得。1983年青山学院大学経◥営学部講師?1987年同助教授、1987年~1988年アメリカ?ハーバード大学ビジネス?スクールヴィジティング?スカラー、1993年東京大学社会科学研究所助教▓授、1996年~2007年同教授。この間、韓国?延世大学客員教授(1998年~2004年)、ドイツ?ベルリン自由大学客員教授(1998年~1999年)を務める。2007年より現職。研究分野は、日本経営史、エネルギー産業論、地域没有人注意到他径直走向一个包间経済論、スポーツ産業論等。著書に『電力改革』(2012年、講談社)、『歴史学者 経営の難問を解く』(2012年、日本経済新聞出版社)、『日本虽然这些人都是涉黑人员石油産業の競争◣力構築』(2012年、名古屋大学出版会)等がある。

                お知らせ

                ?

                Share On